WordPress Download Manager(ショートコード)を使って設置したボタンのダウンロード数をGoogleアナリティクスで計測する方法

WordPress Download Manager(ショートコード)を使って設置したボタンのダウンロード数をGoogleアナリティクスで計測する方法

こんにちは、連クミコです。

先日、生徒さんから「資料ダウンロードボタンのクリック数をGoogleアナリティクスで計測したい」とのご相談を受けました。

サイトはWordpressで構築しており、Wordpress Download Managerというプラグインでダウンロードボタンを生成しているとのこと。

試しに当サイトでもインストールしてみたのですが、このプラグイン、下のようにショートコードで設置するタイプなので、通常、イベントトラッキングや仮想ページビューの際に<a>タグに付け加える「onClick=〜」というスクリプトをそのまま追記する事ができません。

sorce

そこで、仮想ページビューをベースに、(Googleタグマネージャを使わないで)プラグインファイルを書き換えて計測する方法と、Googleタグマネージャを使った計測方法を考えてみました。

スポンサーリンク

WordPress Download Managerの設定方法

まだWordpress Download Managerのプラグインを設定していない方は、下のサイトがとても分かりやすかったので、参考にしてみてください。

WordPressでファイルをダウンロードさせてカウントもしてくれるプラグイン
ダウンロードコンテンツの導入!!特定の資料やファイルをダウンロードさせて、どれくらいダウンロードされているかの統計も取りたい・・・といったご要望を持つクライアントはけっこう多いものです。そんな時にオススメのWordPressプラグイン Download Managerの紹介です。

Googleタグマネージャを使った計測方法

まず紹介するのはGoogleタグマネージャを使った計測方法です。

1. WordPress Download Managerでの設定

下のキャプチャのようにファイルのタイトルと「Package Settings」のLink Labelの文字列(これがリンクテキストになります)が同じになるよう設定してください。

title

setting

また、ファイルの設定が終わったあとDownloads > All Filesで確認出来るファイルのidは後ほど使用しますので、メモに残しておいてください。

no

2. Googleタグマネージャの設定(1)変数の設定

Googleタグマネージャの管理画面 > ワークスペース > 変数 > 組み込み変数

と進み、設定ボタンをクリックして「Click Text」にチェックを入れてください。すると下のように、組み込み変数一覧に「Click Text」が表示されます。これはGoogleアナリティクスレポートの「ページタイトル」に表示される文字列になります。

hensu02

次に、Googleタグマネージャの管理画面 > ワークスペース > 変数 > ユーザー定義変数

で、下記のように設定してください。これはGoogleアナリティクスレポートの「ページ」に表示される文字列になります。

変数の種類 ルックアップテーブル
変数を入力 {{Click Text}}
ルックアップテーブル
入力 テストファイル(Download Managerで設定したファイルのタイトルを記入)
出力 /download/?wpdmdl=253(1でメモしたファイルのidを記入)
デフォルト値を設定 チェックする
デフォルト値 undefined

hensu01

設定できたら、保存ボタンを押して保存してください。

3. Googleタグマネージャの設定(2)タグの設定

Googleタグマネージャの管理画面 > ワークスペース > タグ

と進み、新規ボタンをクリックして、下記のように新規タグを作成してください。これは「Wordpress Download Manager」で生成したボタンをクリックした時に発火させるタグになります。

タグタイプ ユニバーサルアナリティクス
トラッキング ID GoogleアナリティクスのトラッキングID(UA-〇〇)を入力
トラッキング タイプ ページビュー
 設定するフィールド
page {{wpdm_onckick href url}}
title {{Click Text}}

tag

4. Googleタグマネージャの設定(3)トリガーの設定

上の設定が出来たら、同じ画面でトリガーを設定しましょう。これは「Wordpress Download Manager」で生成したボタンをクリックした時、というタグの発火条件の設定です。設定内容は下記を参考にしてください。

トリガーの種類 クリック – リンクのみ
タグの配信を待つ チェックしない
検証をチェック チェックしない
このトリガーの発生場所 一部のリンククリック
Click Classes (含む)wpdm-download-link

trigger

この設定までできたら「保存ボタン」をクリックしたあと、設定内容を公開してください。これで全ての設定が完了です。

Googleアナリティクスでの(Googleタグマネージャを使わない)計測方法

次に紹介するのはGoogleタグマネージャを使っていない場合の計測方法です。Googleタグマネージャを経由してGoogleアナリティクスのPVなどを計測している場合は、この方法ではトラッキングできませんのでご注意ください。

1. WordPress Download Managerのプラグインを構成するファイルの編集画面へ進む

plugin

“プラグイン > インストール済みプラグイン “でDownload Managerの「編集」をクリックします。

2. class.Package.php内のスクリプトを変更

ファイルのリストdownload-manager/libs/class.Package.phpを選択し、ファイル内の下記のスクリプトを探してください。

$post_vars['download_link'] = 
"<a class='wpdm-download-link wpdm-download-locked {$post_vars['btnclass']}' 
rel='nofollow' href='#'
onclick=\"location.href='{$post_vars['download_url']}';return false;\">
{$post_vars['link_label']}</a>";

このスクリプトを次のように変更します。

$post_vars['download_link'] = 
"<a class='wpdm-download-link wpdm-download-locked{$post_vars['btnclass']}' 
rel='nofollow' href='{$post_vars['download_url']}' onclick=\"ga('send','pageview',{'page':'/download/?wpdmdl={$post_vars['ID']}','title':'{$post_vars['title']}'});\">
{$post_vars['link_label']}</a>";

変更できたら「ファイルを更新」ボタンを押してください。これで完了です。

Googleタグマネージャを使わない場合は、プラグインをアップデートすると変更したスクリプトが元に戻ってしまう場合がありますので、できる限りGoogleタグマネージャでの実装をおすすめします。プラグインの編集による不具合について、当サイトでは一切の責任を負いかねますので、あくまで自己責任でお願いします。

Googleアナリティクスレポートでの見え方

上の通り設定していただくと、Googleアナリティクスレポートのリアルタイム > コンテンツで、下のように表示されます。

content

Googleアナリティクスを詳しく学びたい方にオススメ

Googleタグマネージャはこちらがオススメ